zh-hantzh-hanskojaen

背景色

文字サイズ 標準 拡大

国の重要無形民俗文化財である山之口麓文弥節人形浄瑠璃の資料館。 300年以上前の芸能を現在も伝承しています。

平成7年には国の重要無形民俗文化財に指定され、貴重な文化遺産として高く評価されています。現在、このような古浄瑠璃が伝承されているのは全国で4カ所(石川県白山市、新潟県佐渡市、鹿児島県薩摩川内市、都城市)だけです。現在、年4回の定期公演(3.6.9·11月の第3日曜日)が開催され、近松門左衛門が書き下ろしたといわれる『出世景清』(3月-6月公演)と、同じく近松作の『門出八嶋』(9月-11月公演)が江戸時代からの文弥節の芸態のままで上演されています。また、人形浄瑠璃の後に上演される間狂言では一転して地元の方言によるアドリブ満載で観客の笑いを誘っています。

 

所在地

宮崎県都城市山之口町山之口2921-1
TEL 0986-57-5295
駐車場あり