zh-hantzh-hanskojaen

背景色

文字サイズ 標準 拡大

都城と大淀川河口の赤江(宮崎港)をつなぐ河川輸送路の難所につくられた水路で12月~2月ごろにその姿を見ることができます。

宮崎県を代表する河川大淀川の高崎町縄瀬上轟、高城町有水八久保間に、観音瀬といわれる急流がありました。一帯に広がる岩盤とその先にある滝によって、船の行き来ができず、宮崎の港を結ぶ物流にとっては難所であり大きな問題となっていました。
都城島津家第22代久倫の命により水路を作ることとなり、寛政3~5年(1791~1793)に2年をかけて完成したのが長さ90mの観音瀬水路です。
明治22年には高城側にもう一本の水路が掘られました。
季節により水量が変わるため、12月~2月ごろにその姿を見ることができます。