zh-hantzh-hanskojaen

背景色

文字サイズ 標準 拡大

惟宗忠久(島津家初代忠久)が館を構えたと伝えられる場所です。 忠久は地名をとって後に「島津」と称し、島津氏の初代となりました。

平安時代に始まった荘園「島津荘」は日向、大隅、薩摩の三国に広がり、日本一の大荘園となります。鎌倉時代にこの島津荘の役人に任命された惟宗忠久(これむねただひさ)が館を構えたのがこの祝吉御所跡であったと伝えられています。忠久は地名をとり島津と称したため、都城市は島津発祥の地と言われています。

 

 

 

所在地